ダラダラと音楽ネタを書いてます。いわゆる「チラシの裏」ってやつです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< PixiesのFuji Rockでのライヴ、日本発売! | main | David Grubbs @ 渋谷O-Nest (04/08/16) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
Rapeman来日!しなかったんだよな...
家の掃除をしていて発見したお宝(?)。いろんな意味で伝説的な(笑)レコード屋、"Supernatural Organization"が呼んだバンドのフライヤーの数々(クリックすると拡大します)。"Supernatural Organization"は15年ほど前に渋谷のはずれの雑居ビルにあった、売り場面積3畳ほどの小さなお店で、USジャンク方面にはめっぽう強い品揃えだった。そういえば三島由紀夫賞受賞の中原昌也先生もバイトしてましたな。当時からあの目つきのままで、無愛想だったけど(笑)。中原昌也の本にSupernaturalの話が書いてあったやつがあったが(ただし名前は伏せてあった)、タイトルは忘れた。

Pussy Galore

最初にこの店に行った時に発見したフライヤーがこれ。まだ名前も聞いたこともなかったが、バンド名のかっこよさと元Sonic-YouthのBob Bertがいるってことで、出たばっかりの1st"Right Now!"と一緒にチケットを購入。そう、これが今や大人気のJon Spencer Blues ExplosionのJon SpencerがやっていたPussy Galoreっすよ!大体、あの時点で知名度ゼロのPussy Galoreを呼んで、商業的勝算があったのかはまったくの謎だが...会場は今や亡き渋谷Live Inn。「保安上の理由により350名限定」とあるが、多分、客は100人もいなかったと思う。しかしライヴはあまりの凄まじいブチ壊れ具合に驚愕。また大音量のため、1週間ほど耳鳴りが止まず。この壮絶ライヴを観た後は、当然のことながらUSジャンク・ヲタへ一直線。このライヴをいまだに引きずっているので、私はJSBXをまともに評価できましぇん。

Sonic Youth

次に呼んだのがSonic-Youth。ちょうど"Daydream Nation"が出た頃だったんで、正に全盛時代。なのに会場は新宿Loft。でもさすがに超満員でしたね。しかしフライヤーの「開場8:00、開演9:00」という文字をバカ正直に信じた俺がアホだった... 雪がちらつく中、外で待たされること2時間以上。結局、2日共、開場したのが10:30頃で、Sonic-Youth終了が0:30過ぎ。多くの人が終電に乗り損なったはず。しかしライヴは最高。"Daydream Nation"ほぼ全曲に"Kill Yr. Idols"、"Brother James"という極端に偏った演奏曲目ながら、あまりのかっちょよさに思わず昇天。生涯ベスト・ライヴっすね。あれからSonic-Youthは来日するたびに見に行ってるけど、あれ以上のライヴはなし。

Rapeman

で、Rapeman。たった18ケ月しか活動しなかったSteve Albiniの伝説のバンド。とにかく結成直後から不穏な雰囲気の漂うバンドだったよな。イギリス初上陸ライヴでは、Steve Albiniの新バンドということで大学でのライヴをブッキングをした学生組合が、来てみれば名前がみやわき心太郎の漫画からとったこんな名前なんで、ポリシーに反するとライヴ開催を拒否。それに怒ったプロモーターがライヴを単独で強行するものの、主催者であるはずの学生組合とフェミニスト団体が会場の外でピケをはり、しまいには機動隊まで出動する騒ぎの中、公演を開催。その後もSonic-Youthとのツアーでは、例の"Kim Gordon's Panties"に激怒したThurston Mooreにステージ上でボコボコにされるという情けない事件もあり(笑)。そういえば当時のSonic-Youthのインタヴューの中で、日本のファンに一言と聞かれ、「Destroy The Rapeman! これが俺たちのメッセージだ!」とThurston Mooreが言っておったなぁ(笑)。さらに所属レコード会社であるBlast Firstでも女性社員がRapemanに関する業務を拒否。社長であるPaul Smith自らレコードの袋詰めまで行ったという逸話もあり。

でも結局、日本に来なかったんだよな... 来日直前に無念の解散。orz... しかもBlast Firstからは「ここにRapemanの解散をお伝えできて、嬉しく思います」というなんとも悲しいステートメント付きで。ちなみにチケットの払い戻しをしようとお店に行ったら、Supernaturalのお兄さんに「Steve Albiniはすぐに新しいバンドで来日するから、チケットは持っといて」と言われ、いまだに持ってるですけど、俺。あの〜、今なら払い戻ししてくれます?まさか新しいバンドって、Shellacのことを言ってたんじゃないよね???

Cop Shoot Cop

当時は知名度ゼロながら、こんなバンドも呼んでました。大体、「Dig Dat HoleとBlack Snakesの合体バンド!」と言われても、日本では20人くらいしかわからなかったと思うが、その上まだシングル1枚すら出していない段階での来日。しかしこれも大変だったな。最初は渋谷Live Innで予定されていたんだけど、会場に行ってみると、どうにも開場待ちしている客層が違いすぎ。なんか黒ずくめのおねーさんたち多数。で、いざ開場した時にもぎりのおにいさんが一言、「あっ、これ、延期になりましたよ。今日は"Trans Night"です。」。う〜、謎のおねーさん集団はトランス・ギャル(死語)だったです。で、上のフライヤーは延期後のもの。でもこの日時でも開催されなかったんだよね。当日行ってみると、またまた明らかにタイプの違う、ハードコアなおにいさんが多数... さすがにもうCop Shoot Copを見ることは出来ないんじゃないかと思ったが、あん時は。で、結局、後日、高円寺20000Vで開催。客は50人ぐらいしかいなかったと思うが、ライヴは最高。改装直後の20000Vの天井にベースを突き刺して帰りました。Cop Shoot Copがメジャーに移籍するのは、これからず〜っと後の事。

Current 93

これは行ってないんだが、SupernaturalはUSジャンクだけでなく、こっちのノイズ方面にも強かった。この頃、お店に行ったら、David Tibetがいて、驚いた記憶も... しかしこの時のメンツ、ある種の人たちにとってはとっても豪華。Steven Stapleton (Nurse With Wound)、Karl Blake (Lemon Kittens、Shock Headed Peters)から何故かRose MacDowall (Strawberry Switchblade)まで。Rose MacDowallって当時David Tibetと付き合っていたんだっけ?そういえばこの頃、Rose MacDowallは日暮里に住んでいたらしく、日本人2人とのバンド"Candy Cane"っていうのをやってて、Sonic-Youth@新宿Loftにも出てました。たしかVelvetsの"Sunday Morning"とかをやってたような気がする...

Jim Foetus

で、これこそ正に「伝説」のJim Foetus来日騒動。バブル全盛の時期にオサレなクラブ「MZA有明」でJim Foetusがライヴを!しかも「解体ライヴ」ってなんだぁ?初来日の時には、これまた今は亡き都立家政スーパーロフトで金属バットを振り回しながらカラオケ・ライヴをしたJim Foetusなんで、今度はMZA有明をぶっ壊すのか?と期待値急上昇。しかもこの時期はSwansをバックに従えてた頃なんで、期待するなというのは無理な注文。...しかし来日直前のFool's Mateのインタヴューを見て吃驚!「俺が日本に行くといってチケットが売られているらしいが、そんな予定はない!!」....その直後、渋谷のSupernaturalのお店はもぬけの殻に。最初から詐欺目的だったとか、アメリカへの不法入国状態だったJim Foetusが日本に来ると、二度とアメリカに入国できなくなることを恐れたためとか、いろんな噂が飛び交ったが、とにかく予想を超えた驚愕の展開にあんぐり。この騒動の半年ほど後になぜか新宿のUKエジソンで払い戻しをしているのを偶然見つけて、私は払い戻ししてもらいましたが、多くの人はいまだに払い戻し出来てないんじゃないかな?

しかし今こうやってみると錚々たるメンツだな。たとえ未だにチケットの払い戻しをしてもらってなくても、充分過ぎるほどの素晴らしい仕事はしてくれた、と本当に思う。復活してくれないかなぁ?
| 音楽的雑記帖 (2004) | 16:48 | comments(4) | trackbacks(2) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 16:48 | - | - | - | - |
そうそう懐かしい。 いまだにRAPEMANのLOFTの半券はとってあるw pussy galoreのライブは生涯で一番だった。
というかあれは何年前って感じでえらい昔になるな〜 sonic youthが23年だって信じらねーよ。
| toshi | 2004/12/06 11:47 PM |
ををっ、同志発見っ!(笑)たしかにPussy Galoreは凄かった。あんなに興奮しながら音楽を聴いていた時代はなかったな。あの辺のUSジャンク勢はどれも面白かったですよね。今、聴きなおしても面白いかは別にして...

しかしマイブラ、Swansって俺も観にいったから、どっかで顔をあわせてたかもしれんすね(笑)。マイブラはド下手だったけど、Swansは良かったなぁ。
| loser | 2004/12/08 8:58 PM |
hello

do you have some of that shows taped?,I have live shows of these bands and more noise-punk to trade

www.freewebs.com/almudeno69

almudeno69@yahoo.com
| | 2007/06/12 7:40 AM |
すばらしいですね!
| t | 2015/01/18 8:16 PM |









http://loser.jugem.cc/trackback/50
Sonic Youth
最後にライブハウスにいったのが、確かマイブラかSWANSのLIVEだったので、そ...
| blue log 2nd | 2004/12/07 2:01 AM |
スカム考
「スカム」ってのはご存知のように、「ゴミ」っつーか「汚泥」みたいな意味なんだけど、それを音楽のある種の「くくり」として認知したのは、先のエントリで「見つかんない!」って言ってた「フールズ・メイト」の記事を読んでってのが最初かな。
| はやしのブログ | 2005/01/15 10:03 PM |