ダラダラと音楽ネタを書いてます。いわゆる「チラシの裏」ってやつです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
2005年ベスト・アルバム
すでに2006年の1月が終わりかけているこの時期に、いまさらではあるけど遅ればせながら2005年の私的ベスト。

【ベスト・アルバム10枚】

Gamelan Into The Mink Supernatural
"Gamelan Into The Mink Supernatural / The Psychic Paramount [No Quarter]"


なんと言っても昨年一番聴いたのがこれ、The Psychic Paramountの1st(って言っていいのかな?このアルバムの前に、すでに3枚のCD-Rでのリリースあるんで、正確には4枚目なんだけど。)。前身バンドであるLaddio Bolockoは"Led Zeppelin meets Can"などと評されたこともあったけど、こちらはさらにロック色を強めながらも、ぶっ壊れアヴァン風味もたっぷりという奇跡的な出来。ハードコアなThis Heatか?最高です。

Chromosome Gun
"Chromosome Gun / Ultralyd [Load]"


NoxagtのKjetil D. Brandsdalを含むLordからのニュー・バンド、っていう情報のみで買ったこのアルバム、聴いてぶっ飛びました。よく見れば他のメンバーはリーダー作も多数あるFrode Gjerstadや今やJaga JazzistのメンバーでもあるAnders Hanaもいるのね。大体、Kjetil D. Brandsdalって人はソロではローファイなテープループを使ったヘンテコなアンビエントものを演っていながら、Noxagtではゴリゴリのハードコア(っていうかハードロックっといった方が適切かな?)とよくわからん人だが、ここでは凄まじくうるさいハードコア・ジャズ。最高。FMR Recordsからリリースされた1stも良いです。

What We Must
"What We Must / Jaga Jazzist [Smalltown Supersound]"


リリースされた瞬間から既に名盤の風格すら感じられた大傑作、当然のランク・イン。しかし来日はまだ?いいかげん、もう待ちくたびれました... あと元Jaga JazzistなShiningの"In The Kingdom Of Kitsch You Will Be A Monster"も素晴らしく、相変わらずノルウェイ勢は絶好調な1年でしたな。

Outside The Dream Syndicate Alive
"Outside The Dream Syndicate Alive / Tony Conrad With Faust [Table Of The Elements]"


あの伝説的名作"Outside The Dream Syndicate"が20数年の歳月を経て再び!共に90年代に復活したTony ConradとFaust、そしてどちらの復活劇にも一枚噛んでいたJim O'Rourkeによる95年のお宝ライヴ音源の発掘リリース。四半世紀もの時を経て、風化するどころかさらに強度を増した驚異の演奏。終演後、アンコールを求めて観客が暴動状態になったのも頷けるわ。すっ、素晴らし過ぎ。

Takk...
"Takk... / Sigur Ros [EMI]"


実は今までSigur Rosって「中途半端な叙情派ロック」くらいの認識しかなかったのだが、フジ・ロックでライヴを見てぶったまげた。それ以来、死蔵状態になっていたCDを押し入れから引っ張り出して聴きまくる毎日。この新作はポップ/ロック度合いが増したため、コアなファンには評判はイマイチみたいだが、個人的にはツボ。最高傑作、だと思う。

Hypermagic Mountain
"Hypermagic Mountain / Lightning Bolt [Load]"


去年の来日公演で披露した曲も含まれる待望の4枚目。正直に言って、過去のアルバムと比較しても、特に驚きのようなものを感じられるような出来でもないんだが、それでもこのハチャメチャな痛快さは今の時代には貴重な存在。あぁ、早くまたライヴが見たい。

The Fire In Our Throats Will Beckon The Thaw
"The Fire In Our Throats Will Beckon The Thaw / Pelican [Hydrahead]"


先行シングル、"March Into The Sea"のインパクトがでかすぎたので、リリース当初はパッとしない印象があったんだが、繰り返し聴いていたら...うん、やっぱりいいっすね。Justin K. Broadrick (Jesu)のblogによれば春にライヴDVDがリリースされるそうなんで、そっちも期待大。

How To Raise An Ox
"How To Raise An Ox / Zu & Mats Gustafsson [Atavistic]"


Fantomasのサポートで来日したイタリアのアヴァン・ジャズ・パンク・バンド(?)、Zu(残念ながら見逃した...)がMats Gustafssonとがっぷり四つに組んだ対決作。ささくれだった音塊が飛び交うスリリングな出来。同じく昨年リリースされた、こっちはシカゴのチェリスト、Fred Lonberg-Holmとの競演作、"The Way Of The Animal Powers / Zu [Xeng]"も甲乙つけ難い傑作。

Hex: Or Printing in the Infernal Method
"Hex: Or Printing In The Infernal Method / Earth [Southern Lord]"


満を持してSouthern LordからリリースされたEarth復活後、初のスタジオ録音盤。いわゆるドゥーム/ストーナー系のフォローワーを数多く生み出したEarthだが、この復活作では今までの地獄の底から響いてきそうな暗黒ドローン・サウンドに加え、アメリカーナ的要素も強く感じさせる意欲作。ほとんど叙情的とさえいえるような、この枯れた音にはシビレた。

Liltmor
"Liltmor / Pub [Ampoule]"


前作"Do You Ever Regret Pantomime?"から早4年、その間に音楽的趣味がすっかり変わってしまい、この手の音からは縁遠くなってしまったけど、やっぱりPubだけは別格。比類なき美しさをたたえたサウンドスケープ。地味といえばこんなに地味な音もないのだが。

【ベスト・リイシュー】

Astral Glamour
"Astral Glamor / The Homosexuals [Messthetics]"


本当ならBastroDinosaur Jr.、もしくはやっとリマスター再発されたThis Heatの1stあたりを挙げるべきなんだろうが、これらは今まで入手不可状態だったことが逆に犯罪的なまでに理不尽な事態だったと思うんで、ここでは「よくこんなもん再発したなぁ〜」というこれを。70年代後半から80年代にかけてレコメン周辺で活動していたイギリスのアート・パンク・バンドの集大成的3枚組。ちょいとひねくれたポップ・センスを感じさせる音は、今聴き直しても結構面白いです。

【ベスト・ライヴ5本】


今年もそんなにライヴは見に行かなかったんだが、そんな中でも一番印象的だったのはやっぱりSigur Rosだな。

【ベスト・ソング】


これはいわゆるブートレッグ・リミックスなんだが、DJ Zebraの"Foo To The Floor (Foo Figters vs. Starsailor)"と一緒にmp3プレーヤーでひたすらリピートして聴いていました。オリジナルよりずっと好き。
| 音楽的雑記帖 (2005) | 04:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Explosions In The Sky
"Explosions in The Sky [S*P*C**L D*F*CTS]"

エルエルで紹介されていたこのフラッシュ、見てみりゃやっぱりあのExplosions In The Skyをネタにしたもんじゃん。中身は傑作2nd"Those Who Tell The Truth Shall Die, Those Who Tell The Truth Shall Live Forever"の"Have You Passed Through This Night?"をバックに、マウスをクリックすると文字通り「Explosions In The Sky」が起こるだけの他愛のないものだけど、なぜかぼ〜っと眺めていたくなる気持ち良さ。

ついでに調べてみたら、CD-R限定300枚だった幻の1st"How Strange, Innocence"が10/11にTemporary Residence Ltd.から遂に再発されますね。ジャケが新装されて、ダサくなっているのはちょっと減点ものだけど。
| 音楽的雑記帖 (2005) | 14:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
"Pixies Sell Out"
"Pixies to Release New DVD, Action Dolls, Board Game [Tiny Mix Tapes]"

前々から噂になっていたDVDRhino Home Videoより9/20にリリース予定。タイトルは"Pixies Sell Out"。ただ上のリンク先の記事、マジなんだか冗談なんだかようわからん... Frank BlackがCEOの会社"Playful Sprites, Inc."を設立?で、タイトルにはDVDだけじゃなくて、アクション・ドールやボード・ゲームをリリースって書いてあるけど一体なに?ステイトメントもPixiesの曲名を散りばめてあるのはわかるのだが、結局、何が言いたいんだか不明。強欲な音楽業界から距離をおくために、オモチャ業界へ進出ってこと?あぁ、俺の英語力では無理。とりあえずDVDにはノーム・チョムスキー、ブッシュのインタビューやアルカイダのメンバーのアートワークが含まれるってことは、かなり政治的な意味合いも強いみたい。とりあえずトラックリストは以下の通り。去年のフジ・ロックの映像も入っていますね。

Pixies Sell Out:

Belfort, France; live

1. Bone Machine
2. Wave Of Mutilation
3. In Heaven
4. Something Against You
5. River Euphrates
6. U-Mass
7. Bone Machine
8. Cactus
9. Ed Is Dead
10. I Bleed
11. Monkey Gone To Heaven
12. Hey
13. Levitate Me
14. Subbacultcha
15. Dead
16. Gouge Away
17. Velouria
18. Mr. Grieves
19. Crackity Jones
20. Broken Face
21. Isla De Encanta
22. Tame
23. Here Comes Your Man
24. The Holiday Song
25. Where Is My Mind?
26. Vamos
27. Wave of Mutilation
28. Gigantic

Bonus Performances:
1. "Caribou" Coachella Festival
2. "Here Comes Your Man" Move Festival
3. "Debaser" T In The Park Festival
4. "Gigantic" Coachella Festival
5. "U-Mass" Lowell Mass Festival
6. "Crackity Jones" Fuji Rock Festival, Japan
7. "Nimrod"s Son" Fuji Rock Festival, Japan
8. "The Holiday Song" Fuji Rock Festival, Japan
9. "Subbacultcha" Austin Festival
10. "Vamos" Austin Festival
11. "No. 13 Baby" Lowell Festival
12. "Planet Of Sound" Voodoo Festival
13. "Is She Weird?" Lowell Festival
14. "Into The White" Coachella Festival
15. "Where Is My Mind?" Move Festival
16. "Monkey Gone To Heaven" Move Festival


# 早くもamazonでは予約出来るみたい。ただ9/28に日本盤発売予定の「ピクシーズ ライヴ (仮) 」ってなんだろう?この"Pixies Sell Out"の日本盤?それとも前に出たDVDの日本盤??気になる...
| 音楽的雑記帖 (2005) | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Bob Moog博士死去
"Bob's Body Leaves Us [::::: MOOG MUSIC :::::]"

以前から脳腫瘍を患っていると言われていた「シンセサイザーの父」Bob Moog博士が21日に死去。享年71歳。R.I.P.
| 音楽的雑記帖 (2005) | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
John Loder 1946-2005
"John Loder 1946-2005 [John Loder Blog]"

プロデューサーであり、Southern Recordsの設立者でもあったJohn Lorderが脳腫瘍で死去したそうです。この人の名前はCrassやFugazi、それに多くのSteve Albini関係のアルバムで目にするような気骨のある人だったので、非常に残念。上のブログにはSteve Albini、Fugaziの面々、Sasha Frere-Jones (Ui)などの多くの人達がコメントを寄せています。R.I.P.
| 音楽的雑記帖 (2005) | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Lightning Bolt、久々の新譜リリース
"New Lightning Bolt album" [Load Records]"

Lightning Boltの4枚目にあたる新譜、"Hypermagic Mountain"(最初は"Scribblemania 2"っていうタイトルだったらしいけど、これに変更になったらしい)が10/18にリリース予定。去年リリースされるはずだったインプロ・アルバム"Frenzy"が直前でボツになったため、アルバム・リリースは"Wonderful Rainbow"以来になるんでホント久しぶり。
| 音楽的雑記帖 (2005) | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Scott Herren、新バンド結成
"News & Live Dates : Jul. 05, 2005 [www.prefuse73.com]"

Scott Herren (Prefuse 73、Savath & Savalas、Piano Overload...)がまたまた新たに新バンドを結成。他のメンバーはBattlesのTyondai Braxtonと元Black DiceのHisham Bharoocha。まだ名前はないらしい。このメンツからするとノイジィな音になりそうだな。ちと楽しみ。
| 音楽的雑記帖 (2005) | 02:27 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
Jandek、USツアー
"Jandek schedules three US dates, Picks Bachlorette #2 [Tiny Mix Tapes]"

先日のスコットランドでのライヴに続いて、なんとUSツアーもやります!ツアーといっても3箇所だけなんだが、それでもこれはビッグ・ニュースでしょ?
| 音楽的雑記帖 (2005) | 02:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ライヴ音源
"Jaga Jazzist with Django Bates : Mixing It - 22 July 2005 [BBC Radio3]"

Jaga Jazzistとイギリスのジャズ・ピアニスト、Django Batesの競演ライヴ音源。BBC Radio3の"Mixing It"という番組で7/22に放送。放送後1週間のみ、視聴可能なんでお早めに。番組のトップ・ページから"Listen to the latest programme"ってころからいけます。演奏している曲はJaga Jazzistの"What We Must"から"All I Know Is Tonight"、"For All You Happy People"、"Oslo Skyline"の3曲。随分ジャズっぽいアレンジの演奏です。

"May 10, 2005: w/ live set from SIR RICHARD BISHOP [WFMU]"

いつも貴重な音源を放送しているニューヨークのラジオ放送局、WFMUでのRichard Bishopp (Sun City Girls)のライヴ。Sun City Girlsの音源も聴けます。やっぱりこの人、訳わからねぇ...
| 音楽的雑記帖 (2005) | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
高柳昌行
"佐野史郎×山本恭司・同級生対談 [橘井堂]"

俳優の佐野史郎山本恭司(Bow Wow)が高校の同級生だということも知らなかったが、それ以上に山本恭司のギターの先生が高柳昌行だったという話... しっ、知らんかった。
| 音楽的雑記帖 (2005) | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |