ダラダラと音楽ネタを書いてます。いわゆる「チラシの裏」ってやつです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
2004年ベスト・アルバム
2004年も今日で終わりなんで、『クロスビート』風に今年のベスト・アルバム。

【ベスト・アルバム10枚】

【ベスト・リイシュー】

【ベスト・ライヴ5本】

【ベスト・ソング】
| 音楽的雑記帖 (2004) | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
SlintキュレートのATP、追加Line-Up発表
ATP/05の追加ラインナップ発表。


ほとんどSlintとメンバーが重なっているKing Kongはともかく、他はやっぱり凄まじく地味だ...
| 音楽的雑記帖 (2004) | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Ahmad Szabo = Scott Herren??
Prefuse 73のオフィシャル・サイトのディスコグラフィを覗いていたら、Prefuse 73やSavath + Savalas、Delarosa And Asoraなどと並んでAhmad Szaboの名前があるんだが、ひょっとしてAhmad SzaboってScott Herrenの変名なの??知っている人がいたら教えてください。気になって眠れません...
| 音楽的雑記帖 (2004) | 04:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
再結成Pixies、ライヴDVDリリース
" ピクシーズ、再結成ツアーDVD化 [CD Journal]"

だそうです。問題は今のPixiesの面々がアップに耐えられるかどうかだが...
| 音楽的雑記帖 (2004) | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Pinback来日中止、しかし...
"PINBACK来日公演中止のお知らせ、及びROB CROW振り替え公演について [Some-Of-Us]"

そういえばPinbackの来日公演のチケットをまだ買ってなかったなぁ、と思い出して調べてみたら、なんと中止だそうで。やっぱりArmistead Burwell Smith IVがThree Miles Pilot再結成で忙しいのかね?だたし解散するわけではなさそう。で、肝心の来日公演は振り替えでRob Crowのソロ公演になるらしい。しかも「アコースティック・ソロ」、Heavy Vegetable、Thingy、Snotnoseの曲を演奏する「フル・バンド・セット」、そしてPea Hixとの「Optiganally Yours」の三部構成になるらしいのでかえってお得感倍増。さっそくチケットを買いに。こりゃPinback以上に楽しみだわ。
| 音楽的雑記帖 (2004) | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
SlintキュレートのATP、Line-Upを一部発表
久しぶりにATPのサイトを覗いてみたら、Slintがキュレーターを務めるATP/05のラインナップが一部発表になってますね。


それぞれのバンドのサイトをググってリンクを張ってみたが、正直言って大半は知らんバンドばっかりだ。それにしても地味だなぁ...
| 音楽的雑記帖 (2004) | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Dinosaur Jr.、1st〜3rd再発
" ダイナソーJR.の初期作品が曲追加でリマスター盤化! [CD Journal]"

初期の3作が再発。っていうか、今まで入手不可な状態だったのか?Homesteadからリリースされた1st"Dinosaur"はまだ爆発前夜って感じの出来だけど、グループ名改名後にSSTからリリースされた2nd"You're Living All Over Me"はDinosaur Jr.最初の傑作。そういえばバンド結成当初の目標はSSTからレコードを出すことだったらしい。3rd"Bug"はイギリスでもBlast Firstを通じて発売。この裏には、Dinosaur Jr.嫌いだった社長のPaul Smith(Neil Youngの大ファンで、J Mascisのモノマネぶりが許せなかったらしい)を説得するために、Kim GordonがPaul Smithの寝室に忍び込み、枕の下にDinosaur Jr.のテープを忍ばせるなどのSonic-Youthによる涙ぐましい努力があったらしい。とりあえずこの2枚はなにがなんでも聴くべき大名盤でしょ。今回の再発にあたりリマスターおよびボーナストラック入りらしいが、CD Journalの記事は間違ってない?JMascis.com掲載の曲目リストを見ると、正しくは

●『ダイナソー(原題:Dinosaur)』
【ボーナス・トラック】
・Does It Float - live version

●『ユアー・リヴィング・オール・オーヴァー・ミー(原題:You're Living All Over Me)』
【ボーナス・トラック】
・Just Like Heaven (The Cureのカバー。"Bug"リリース後の同名シングルから。)
【ビデオ・クリップ】
・Little Fury Things
・Just Like Heaven

●『バグ(原題:Bug)』
【ボーナス・トラック】
・Keep The Glove (シングル"Freak Scene"のB面から。)
【ビデオ・クリップ】
・Freak Scene
・No Bones

だと思うのだが。リマスターに関しては、音がこもり気味だった2ndがどう変わるのかが気になるのだが、やっぱり買い直した方がいいのかなぁ?ちなみに再発するのはSuperchunkのMerge Records
| 音楽的雑記帖 (2004) | 02:33 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
Lightning Boltのサイトに日本語ページが出現!
"Lightning Bolt - News [laserbeast.com]"

なんとLightning Boltのオフィシャル・サイトに日本語ページが出現。やや怪しげな日本語ながら「次の日本でのライブを楽しみにしています」などと書かれているが、これは期待していいのかぁ??
| 音楽的雑記帖 (2004) | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大友良英 New Jazz Festival
"大友良英コンサート・スケジュール [Improvised Music from Japan]"

来年1月19日(水)〜23日(日)、新宿ピットインで"大友良英 New Jazz Festival"開催。Mats Gustafsson、Axel Dorner等を含む様々な編成で出演。実はMats Gustafsson以上にOtomo Yoshihide's New Jazz Orchestraにゲスト出演するKahimi Karieが生で見たいことは秘密だ。

そういえば来年、大友良英はMartin Brandlmayr (Radian)と新バンドをやる、っていう話をどっかで読んだはずなんだが、ソースがみつからない...(追記:見つけたっ。「大友良英のJAMJAM日記04年11月号外」。)
| 音楽的雑記帖 (2004) | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
U2 vs. Negativland、第2ラウンド?
"特製版『iPod U2 Special Edition』、オークションから削除 [Hotwired]"

この前日の記事でもPoster Children(懐かしぃ〜!ちなみにSteve Albiniプロデュースの2ndは傑作!)の名前が飛び出したりとなにかと面白いHotwired Newsだけど、この記事にも笑わせてもらった。Negativlandはすでに活動歴25年のノイズ(?)バンド(記事内の「カレッジバンド」って表現はいかがなものかと...)。一貫してコラージュやサンプリングといった手法を駆使した音楽を通して、メディア批判や著作権批判を行ってきた筋金入りの確信犯。なにかと凶悪事件がおきると、すぐに映画やゲーム、音楽のせいにするアホどもが現れるが、1988年にアメリカで敬虔なクリスチャン一家の馬鹿息子が両親、兄弟を惨殺する事件がおきた時には、Negativland自ら自分たちの曲"Christianity Is Stupid"が殺人の引き金になったとデマを流し、メディアを撹乱させた前科もあり。そんなNegativlandがU2との間で引き起こした騒動は上記の記事に書いてある通りなのだが、この話にはひとつオチがあって、当時のU2は"Zooropa"の頃で、盛んにテクノロジー礼賛の発言を繰り返していた時期でもあった。そこで、たしか"Wired"がNegativlandをインタビュアーとして起用したU2(たしかEdgeだったと思う)への電話インタビューを企画。もちろん正体は隠して。散々サンプリングという手法の革新性、素晴らしさを語らせた後に、最後の最後に「実は僕たちNegativlandっていうんですけど、あるバンドから訴えられてて、お金に困ってるんです。お金を貸してくれない?」と。それを聞いたEdge曰く「こんなシュールなインタビューは初めてだっ!」と言ったとか言わなかったとか。ちなみに問題のNegativlandの"U2"は裁判の結果、発禁になったけど、バンドのオフィシャル・サイトや、Negativland同様、過激な著作権解放運動を続ける"Illegal Art"(例のDanger Mouseの"Grey Album"やTodd Haynesの幻の短編映画"Superstar: The Karen Carpenter Story"も置いてある!)からダウンロード可能。というか実はNegativlandの全アルバムは"Mordam Records"から「無料」でダウンロードできたりもするんだけど。さすがっ。さらにバンドのサイトには「いかにバンドはレコード会社によって搾取されているか」という趣旨のSteve Albiniによる文も寄せられたりしていておもろいぞ。
| 音楽的雑記帖 (2004) | 23:10 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |