ダラダラと音楽ネタを書いてます。いわゆる「チラシの裏」ってやつです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
Jackass Volume Two & Three
ジャッカス vol.2
"ジャッカス vol.2 [パラマウント]"


ジャッカス vol.3
"ジャッカス vol.3 [パラマウント]"


遂に"Jackass"TVシリーズ総集編の日本語版DVDが発売!おばあさんを剥製にしようとする"Taxidermist"、Ryan Dunnがクソの浮く下水処理場で泳ぐ"Poo Dive"などの名作がなぜ収録されていないんだよ!といった細かい不満点はあるけど、とりあえずこれは買いでしょう。真似をした視聴者から怪我人続出したためTVシリーズは第三シリーズで打ち切られてしまっちゃったけど、アホなことを楽しげにやっているJackassの面々を見ていると真似する馬鹿の気持ちもわかるってもんだ。あぁ、Steve-OのIQの低そうな笑顔はいつ見ても素敵。いまならお得な初回限定のツインパックがまだ入手可能なんで、急げ!ちなみにVol.1はもともと存在しません。
| TV/映画 (2004) | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Jackass - The Movie
Jackass - The Movie
"Jackass - The Movie [Paramount]"


遂に10/16に東京ファンタスティック映画祭で上映される"Jackass - The Movie"だが、もう我慢できずに台湾のオタクの聖地、光華商場で中国語版DVDを購入。560NT$だから日本円で¥1800ちょっと。ちゃんと正規版を買ったのだが、すっかりregeon codeのことを忘れていて、いざ鑑賞と思ったら家のDVDプレーヤー再生できず... ユーザーの利便性を無視したDVDの規格ってほんとアホだよなぁ。しょうがないんでPCでDVD Decrypterでファイルを吸出し、DVD Shrinkでregeon free化/1層化してDVD-Rにコピー。これって厳密な意味では違法行為なんだよな、やっぱ?しかしなんで正規版をちゃんと金出して買ったのに、こんな苦労しなきゃいけないんだよっ!とブツクサいいながらも無事、鑑賞可能に。中国語版とはいえ字幕は中国語/韓国語/タイ語/英語の4種類付き。中学生並の英語力でも、英語字幕ならなんとかわかる。内容は基本的にTVシリーズと同じことを延々1時間半やっているだけだが、それでもやっぱり最高。いやTVシリーズより、ちょっとだけ過激度はアップしてるかな?ゲロを吐くシーンがやたら多いし(笑)。相変わらず音楽の趣味はいいねぇ〜。当然のMinutemen、CKYからThe Ramones、Rezillos、Misfits、さらにはSlayer、Sir Mix A Lotあたりまで。当たり前だが、とりあえずTVシリーズのファンは必見です。またDVDにはオマケ映像も多数収録。この手のオマケは普通、どうでもいいものが多いけど、このDVDに限って言えば映画では漏れたネタがそのまま収録されているので、ほとんどPart2を見ているようで非常に面白い。日本語版がでたら、また買わないと...

この映画で一番のお気に入りのエピソードは、荒地を爆走するオフロード・カーの車上でSteve-Oが刺青を入れる"off-road tatoo"なんだが、そのオフロード・カーの運転手として出演しているのは、なんとHenry Rollins!刺青といえば、やっぱりこの人か?
| TV/映画 (2004) | 02:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
hype!
hype!
"hype! [ナウオンメディア]"


90年代初頭のグランジ・ムーヴメントのドキュメンタリー映画。Bruce Pavitt、Jonathan Poneman、Jack Endino、Charles Peterson、Steve FiskといったSub Pop周辺のキー・パーソンからMudhoney、Soundgarden、Pearl Jamあたりの有名バンド、さらにはTad、Walkabouts、Supersuckers、7-Year Bitch等の「あ〜、そういうバンドいたなぁ〜」的なB級バンドまで、多くの人達のインタビューで構成されている。この映画の基本的なトーンはタイトル通り「いかにSub Popが巧妙なメディア戦略でグランジ・ブームを巻き起こし、地元の無名バンドを売りまくったか」というもの。だけどこれって別に否定的な意味だけじゃなく、Malcolm McLaren的な意味で。当時、配給に関してはソニーと契約して、毎月のようにSub PopからB級バンドのアルバムが日本でもリリースされるのを見て、痛快な気分を覚えてたしね。しかしこうやって映画にでてくるバンドをみてみると、見事なまでにB級バンドばっかりだなぁ(笑)。たとえば当時の大手インディのSST、Homestead、Touch & Goあたりと比較するとその差は歴然。それでもあれだけ売りまくったのはやっぱり才能だな。あとこれは仕方のないことかもしれないけど、あのグランジ・ブームは何もないところから生まれたわけではなく、その出発点になったのはSonic-YouthやBig Black、Pussy GaloreなんかのUSジャンク(これは日本特有のカテゴライズの仕方らしいが)の興隆であったことは間違いないと思うが、それにはまったく触れられず。Sub Popの記念すべき1枚目のアルバム"Sub Pop 100"はSteve Albiniのモノローグで始まり、Scratch Acid、Sonic-Youth、Naked Raygun、Boy Dirt Car、Savage Republicなんかが収録されていたっていうのに。それでもあのブームを知っている人ならこの映画、楽しめること間違いなし。ただし残念なのは1996年製作のものなんで、グランジ・ブームそのものが遠い過去のものになっちゃっている今では、その痛快感もかなり薄れちゃっているところかな?

ちなみにこの映画の最大の売り文句であるNirvanaが初めてライヴで"Smells Like Teen Spirit"を演奏するシーンだけど、ちょびっとだけでてくるだけで特にどうこう言うもんでもないです。それより早く"Live Tonight Sold Out"と"1991 Year Punk Broke"を「正式」DVD化してくれ〜!
| TV/映画 (2004) | 02:04 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
Jackass、ついにDVD発売!で、映画も公開?
"緊急告知!Jackass クラブイベント@青山 [ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会]"

とりあえず10/22発売のDVDは買って、家宝にさせていただきます。早くSteve-Oの「ケツ・ピアス」とDave Englandの「ゲロ・オムレツ」をもう一度見たいです!

で、結局、映画"Jackass The Movie"は日本公開はないのかと思っていたのだが、ここを見ると、なんと正月映画として遂に日本公開決定?マッ、マジっすか???日本公開までに何年かかってるんだよ!と悪態もつきたくなるが、とりあえずここは素直に喜んでおこう。
| TV/映画 (2004) | 02:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |